松尾晴美のわんこ(犬)の豆知識

子犬の性格形成は産まれる前と産後4ヶ月までで決まる!人間と一緒で幼少期が大事

2015年06月09日

松尾警察犬訓練所では、ウサギが産まれました。
うちにはウサギもいるんですよ♪
うさぎの赤ちゃん
世間でも、あちらこちらによく仔犬をみかけます。

仔犬でも、いろんな性格の子がいます。
仔犬の時期は、社会化時期(生後、4ヶ月くらい)といってとても大事な時期です。

その時期でこの犬がどういう性格になるか決まるくらい大事なんですよ。

0609_2

それから、仔犬のもっと前、産まれてくる前も大事なんですよ。
出生前期(しゅっしょうぜんき):動物の胎児が母親の胎内にいる時期のことをいいます。

げっ葉(ウサギ、ネズミ)の研究からも、お腹の中にいても子は母親の胎盤を通して、何らかの影響を受けて出生前の子に影響を及ぼすことが、明らかになっています!

要因としては母親のコルチコステロイドホルモン、アンドロゲンなどの可能性が考えられます。
(副腎皮質ホルモンでステロイドホルモンが産生される)

母親の胎内での影響、大事ですね。

しかし、この子ウサギ可愛いですね~。

うちの犬たちはウサギとも仲がよいんですよ。

本日も皆様にとって素敵な日になりますように

訓練士松尾晴美

新着わんこたち

line
Copyright (C)kamialine.com All rights reserved